12.21(Fri.) Connected Underground at Metro Kyoto

12.21(Fri.)
Connected Underground -Techno, Tech House & Juke Night-
at Club Metro, Kyoto
Address: 82 Simodutsumicho, Kawabata Marutamachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, 606-8396 Japan
Entrance: 1700yen+1drink , Bring the Flyer: 1500yen+1drink

Line-up /

Guest Djs:
DJ Compufunk (Compufunk Records)
D.J.Fulltono (Booty Tune)

Djs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Vj:
akira-o

Techno, Tech House, Deep Tech, Juke...

■DJ COMPUFUNK (Compufunk Records)
今年で21年目を迎える老舗レコード・ショップ"COMPUFUNK RECORDS"(コンピューファンク レコーズ)主宰。DJ LOVEGOD名義で1990年代よりDJとして活動し様々なPatyをオーガナイズ、出演。楽曲も国内レーベルの Sound-Channel、 Grasswax、 Jet Set 、等への提供や、デトロイト"DJ 3000" が主催する MOTECH から4タイトルをデジタル・リリース。同レーベルのコンピレーション・アルバム"Broken Research 1 & 2"にも収録。また、オリジナル & DJ DEX (Underground Resistance061) Remixを含COMPUFUNKヴァイナル・レーベルを始動。レーベル第2弾として、Mark Flash(Underground Resistance078)Remixを収録した"A.I.SOUL EP"をリリース。WESSUN (EX. 土俵ORIZIN) 主宰レーベル"Nu Ance Records"第2弾にも1曲参加。COMPUFUNKヴァイナル・レーベル第3、4弾リリース予定など精力的に活動中。


■D.J. Fulltono (Booty Tune)
DJ/トラックメイカー。1996年京都にてDJ開始。その当時はミニマルテクノを主体としていたが、その中でもシカゴハウス・ゲットーハウスに惹かれ、2000年を境にシカゴ・ジューク、デトロイトのゲットーテック・エレクトロを主としたスタイルにシフトする。
2008年にレーベル〈Booty Tune〉を開始。国内初のジューク/フットワークのレーベルとして、国内外のアーティストをリリース。ベースミュージックの祭典〈Outlook Festival Japan Launch Party〉にBooty Tune Crewとしてサウンドクラッシュに参戦しレーベルを全国へアピール。DJ活動と並行し、タワーレコードの音楽情報サイト〈Mikiki〉への連載や、CDライナーノーツへの執筆。Planet MuやHyperdubの日本版オフィシャル・プロモ・ミックスCDを手がけるなど、日本ではマイナージャンルであったジューク・フットワークを普及するための活動を行う。2014年に自身のレーベルから発表したミニマルを前面に押し出したジュークEP 『My Mind Beats Vol.01』がUSの〈Orange Milk〉にライセンスされ、USの音楽メディア『Rolling Stone』誌の “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出された。
2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。同年のUSツアーでは、ロサンゼルスの老舗パーティー〈Low End Theory〉に出演他、長年の目標であったシカゴでのDJを果たす。現在のプレイスタイルは、ジューク・フットワークを、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している。

■Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing for 6th vinyl release including Gunne, Zuckermann's remixes, it will be out in spring.
Until now, he did the Germany tour 9 times and Austria tour in this year, played at many clubs, Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox, Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。
2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、本年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。
本年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。