TRANSIT RECORDS KYOTO BY RYOMA SASAKI

subbeis2100-01-01

Transit Records Kyoto :
TechHouse, DeepTech, House Label in Kyoto, Japan.
Vinyl & Digital Release.
Distributed by Straight Distribution, Word and Sound

Soundcloud :
Transit Records Kyoto: https://soundcloud.com/transit-records-kyoto
Ryoma Sasaki : http://soundcloud.com/ryoma-sasaki

Discogs: https://www.discogs.com/ja/label/241083-Transit-Records-Kyoto

Titles:
TR-006 Ryoma Sasaki - The Phase at Midnight EP (12"/Digital/2018)
TR-005 Ryoma Sasaki - Without End Hour (12"/Digital/2017)
TR-004 Bee Lincoln & Ryoma Sasaki - Transition EP (12"/Digital/2016)
TR-003 Hiroshi Watanabe & Ryoma Sasaki - The Bridge of Sounds EP (12"/Digital/2015)
TR-002 Stefan Goldmann - Empty Suit (Vinyl Only/2013)
TR-001 Ryoma Sasaki - Transit EP (12"/Digital/2013)
TR-000 Terrence Parker - Beautiful Life (Vinyl Only/2011)

Digital Only:
TRDG-001 Ryoma Sasaki - Welcome Back To House (2017)
TRDG-002 Vil- Far East Remixes (2018)
※Digital Release started in 2016.

New Release: Joix / Lazarus Remixes inc. Ryoma Sasaki Remix

 

マンハイムのプロデューサーJOIXの楽曲LazarusのRemixをしました。

2019.11.7 発売です。

soundsofjericho.bandcamp.com

 

Remixアルバムには、Zuckermann(Lebensfreude)、Kiyo Nakamura(Club About)をはじめ計18のアーティストのRemixが収録されています。

soundsofjericho.bandcamp.com

 

是非、聴いてみて下さい。

 

10/11 [11th Oct. 2019] Connected Underground at Club Metro, Kyoto (Guest: Arne Zank -Tocotronic-)

 


f:id:subbeis:20190918112051j:plain

f:id:subbeis:20190918112136j:plain

www.residentadvisor.net

10/11 (Fri.) [11th Oct. 2019]

Connected Underground -Arne Zank (Tocotronic) Special Solo Live Set 'Love From A to Z' in Kyoto

@ Club Metro, Kyoto

Start / 22:00

Entrance / 1700yen+1drink fee

 

Special Live:
Arne Zank (Tocotronic) from Germany

Djs:
Ryoma sasaki (Transit Records Kyoto)

Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Live:
BODIL (Node/Contakt)
B from Outatbero
Barium

Vj:
akira-o

[Techno, Deep Tech, German Indie, Live Set, Modular]

90年代のドイツのIndie Rockシーンから現れ最も成功をおさめ、今やドイツにおいて知らない人はほぼいないと言われる国民的バンドTocotronic。
そのオリジナルメンバーで、ドラマーをつとめるArne Zankのソロ・ライブセットが企画開始から約5年の年月を経て遂に実現!!

■ARNE ZANK (Tocotronic)
アルネ・ツァンクは、非常に高く評価されているドイツのインディ・ロック・バンド Tocotronic (トコトロニック)のバンド結成当時からのメンバーであり、最初のドラマーである (結成当時、アルネ・ツァンクはドラマーではなかった。ドラマーがいないためドラムを始めた)。巨大フェス・ロラパルーザへの出演に代表されるような大規模なツアーやアルバム製作等、Tocotronicでの活動は非常に多忙であるため、ソロでの音楽活動は活発ではないが、厳選されたショーでのみ彼はソロプロジェクトを行っている。2019年10月、彼のライブを経験することが出来る稀有な機会が日本において実現した。彼の言葉で言えば、今回のライブのタイトルは、彼のソロ作品「Love and Hate from A to Z」のタイトルの中のにあるLoveの方に焦点を当てた、すなわち「Love from A to Z」のさらに別ヴァージョンである。
「Love and Hate from A to Z」。このタイトルはあたかも感情の用語集のようである。そして、レナード・コーエンのイコノグラフィー的作品との関連を想起させる。事実、「Love and Hate from A to Z」は、Folkpop、Minimal、House musicなどといった多様な音楽の影響と技術的に多才なミュージシャンたちを結びつけたアルネ・ツァンクのソロ・アルバムのタイトルである。折衷主義といったことを省みず、可愛さとパンクのひらめきを全体的に絶妙に、かつ同時にミックスするということを創り出している。

ARNE ZANK (Tocotronic)
Zank is first and foremost founding member and drummer of the criticially acclaimed German indie rock band Tocotronic.

With his solo project Arne Zank only plays carefully selected shows – in October 2019 there is one of the rare opportunities to experience his music live in Japan. Or, in his own words, id est the title of yet another of his volumes: Love from A to Z.

Love and Hate from A to Z. That title sounds like a glossary of emotions – and awakens associations to Leonhard Cohen's iconographic volume. In fact, Love and Hate from A to Z is the title of Arne Zank's solo album in which the versatile musician skillfully combines influences as diverse as folkpop, minimal and house music. Despite all eclecticism, Zank creates an overall subtle mix with flashes of kawaii and punk at the same time.

■BODIL (Node/Contakt)
様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボディストのサポートメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を行っている。
2017年7月、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務め話題を呼ぶ。

■ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka,
and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing Remix EP of Ryoma's work for the 8th vinyl release.
Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in the last year: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。現在、自身の作品のRemix EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

■Ouchi-S
Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.
He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time.
As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house.
He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness.
Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in "Kyoto Metro" that is legendary night club in this historical city.
In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

 

 

8/8 Deep Underground -Deep Tech, Techno Night-

f:id:subbeis:20190802000146j:plain


8/8 [8th Aug]

Deep Underground -Deep Tech, Techno Night-

at Kyoto Metro

Address: 82 Simodutsumicho, Kawabata Marutamachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, 606-8396 Japan

Open: 22:00-

Entrance: 1200yen+1drink fee

 

Line-up /

Live:
BODIL (Node, Contakt)

Djs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Techno, Deep Tech, Live Set...

■BODIL (Node/Contakt)
様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボディストのサポートメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を行っている。
2017年7月、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴオープニングアクトを務め話題を呼ぶ。

■ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka,
and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he
started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing Remix EP of Ryoma's work for the 8th vinyl release.
Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in the last year: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。
2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年からオーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。
2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。現在、自身の作品のRemix EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

■Ouchi-S
Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.
He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time.
As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house.
He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness.
Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in "Kyoto Metro" that is legendary night club in this historical city.
In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

 

RA:

www.residentadvisor.net

 

 

 

[Techno/House Event] 7/19 (19th July) Connected Underground @ Kyoto Metro

f:id:subbeis:20190717055206j:plain

Connected Underground


www.residentadvisor.net

 

7/19(Fri.)

Connected Underground with Lebensfreude Records 15th Anniv. & Rintaro (TAN-Shin-ON)

at Kyoto Metro (22:00-)

Line-up /

Guest Dj:

Zuckermann (Lebensfreude Records /Berlin)
-The Lost Dub Plates: The B-Sides of 15 Years of Lebensfreude Records” Release Tour

Guest Live:
Rintaro (TAN-SHIN-ON)

Djs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Live:
BODIL (Node/Contakt)
B from Outatbero
Barium

Vj:
akira-o

[Techno, Deep Tech, Live Set, Modular...]

Techno, House, Jazz、クロスオーバーに数多くの名作をリリースし続けてきたベルリンの名門レーベルLebensfreude Recordsの15周年を記念して、レーベルオーナーの一人Zuckermannが京都METROでプレイ!西ベルリン、クロイツベルク出身、ベルリンの壁崩壊以前から活動を続けるまさにベルリンの生き証人的DjであるZukermannの卓越したグルーブを是非体験してください。そして、Clockface Modular”を立ち上げたModularシーンの超重要人物であり、⾳好きの為のハウス・テクノのパーティ"探⼼⾳”を世代を超えたDJ 達で⻑年開催中のRintaroの圧巻のModular Synth ライブをお送りします!

Berlin Techno label ‘Lebensfreude Records’ celebrates 15 years of lust for life with a very special release and tour
To commemorate 15 wild years of ‘lust for life’ (= Lebensfreude) and crazy parties, the Berlin label will put out the best hidden gems of its history, one for each year.
“The Lost Dub Plates: The B-Sides Of 15 Years Of Lebensfreude Records” will bring back rare and timeless B-sides from the Berlin underground that only DJ connoisseurs will have heard of. Additionally, this release is also indispensable for understanding the true Berlin Techno underground and what it really was like before everyone had a smart phone.
The 2 label heads Gunne & Zuckermann will personally go touring together to celebrate the spirit of the original Berlin rave nights, and days - a rare occasion to see them perform their (in)famous freestyle Back2Back which will shake Berlin clubs, South American Techno basements, and Asian party spots to the rhythm of the true sound of Techno - ‘lust for life’ full-on!

■ZUCKERMANN (Lebensfreude Records,Destroy All Monsters /Berlin)

ArtHouse House & Fringe Techno
Zuckermann produces electronic music with an experimental approach and a serious attitude. His DJ-sets reflect his work as a producer. They surprise and go beyond the obvious.His appearances include Boiler Room and he plays at some famous and infamous clubs and festivals, these days mostly in China where he lives but also in throughout Asia and occasionally in Berlin. He also is co-running Lebensfreude Records and Destroy All Monsters in Berlin.

■RINTARO (TAN-SHIN-ON)
東京を拠点にするDJ。渋⾕のKOARA の第4 ⾦曜、⾳好きの為のハウス・テクノのパーティ”探⼼⾳”を世代を超えたDJ 達で⻑年開催中。専⾨のオンラインショップ”Clockface Modular”を⽴ち上げるなどモジュラーシンセのスペシャリストでもあり、近年は⾃分のDJ の拡張とも⾔えるような即興性の⾼いライブセットも⾏っている。Satoshi Tomiie とのジャムセッションによるハウストラックを、Tomiie ⾃⾝のAbstract Architecture とパリYoyaku 傘下YoY からEP として2019 年にリリース。

■ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka,
and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he
started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing Remix EP of Ryoma's work for the 8th vinyl release.
Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in the last year: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) , Schlot (Linz), etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年からオーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツリンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。現在、自身の作品のRemix EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

■Ouchi-S
Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.
He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time.
As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing house music like detroit house, deep house and tech house.
He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness.
Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in "Kyoto Metro" that is legendary night club in this historical city.
In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

 

 

【Event】12/29(Sat.) Breath of Underground at Compufunk, Osaka

12/29 (Sat.)
Breath of Underground -Dj Pinch (Heavy Funk System) -
at Compufunk Records, Osaka
Address: 1-29 Kitahama Higashi, Chuou-ku, Osaka
Open/Close 22:00-05:00
Entrance: 1200yen + 1drink fee
RA: https://jp.residentadvisor.net/events/1187636


Line-up /


Guest Dj:
Dj Pinch (Heavy Funk System)


Djs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Chazuke
Koichi
Wataru Horiuchi


Live:
Barium -Modular Synth. Live Set-
Kawano Yasunori -Hardware Live Set-
Natsuki Kitaguchi -Hardware Live Set-


Techno, Tech House and 7inch Funk!!



■DJ PINCH (HEAVY FUNK SYSTEM)
日本を代表するFUNKマスターの1人であり、プロアマ問わず国内外に数多くの支持者をもつFUNK DJ。1988年頃活動を開始。JAZZ〜SOULからHIPHOPまで全てのBLACK MUSICに精通していて独自の解釈なFUNK MUSICをプレイする。近年はロカ、ジャンプ・ブルーズ等もプレイ。映画「コフィー」のパンフレットにROY AYERSのディスコ・グラフィーの執筆やオーサカ=モノレールの2ndアルバムのレコーディングにサウンド・アドバイザーとして参加。2003年、中田亮(オオサカ=モノレール)とともにコンパイルした「MESSAGE FROM WEST -LUV N' HAIGHT COLLECTION」(UBIQUITY/LUV N’ HAIGHT)、2008年、ライムスターのDJ JINと選曲したJAZZMAN音源のベストオブファンクコンピレーション「GONNA HAVE A FUNCKY FUNCKY PARTY」をリリース。共に大きな反響をよび、大型CD店でも売り切れ続出となった。また盟友オーサカ=モノレールの4thアルバムは、彼等がレギュラー出演していたHFSに於けるライブ盤である。ジャンルを超えて聴く者を圧倒する筆舌尽くしがたいプレイを是非体験してほしい。

■Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing for 6th vinyl release including Gunne, Zuckermann's remixes, it will be out in spring.
Until now, he did the Germany tour 9 times and Austria tour in this year, played at many clubs, Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox, Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。
2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、本年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。
本年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。

12.21(Fri.) Connected Underground at Metro Kyoto

12.21(Fri.)
Connected Underground -Techno, Tech House & Juke Night-
at Club Metro, Kyoto
Address: 82 Simodutsumicho, Kawabata Marutamachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, 606-8396 Japan
Entrance: 1700yen+1drink , Bring the Flyer: 1500yen+1drink

Line-up /

Guest Djs:
DJ Compufunk (Compufunk Records)
D.J.Fulltono (Booty Tune)

Djs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Vj:
akira-o

Techno, Tech House, Deep Tech, Juke...

■DJ COMPUFUNK (Compufunk Records)
今年で21年目を迎える老舗レコード・ショップ"COMPUFUNK RECORDS"(コンピューファンク レコーズ)主宰。DJ LOVEGOD名義で1990年代よりDJとして活動し様々なPatyをオーガナイズ、出演。楽曲も国内レーベルの Sound-Channel、 Grasswax、 Jet Set 、等への提供や、デトロイト"DJ 3000" が主催する MOTECH から4タイトルをデジタル・リリース。同レーベルのコンピレーション・アルバム"Broken Research 1 & 2"にも収録。また、オリジナル & DJ DEX (Underground Resistance061) Remixを含COMPUFUNKヴァイナル・レーベルを始動。レーベル第2弾として、Mark Flash(Underground Resistance078)Remixを収録した"A.I.SOUL EP"をリリース。WESSUN (EX. 土俵ORIZIN) 主宰レーベル"Nu Ance Records"第2弾にも1曲参加。COMPUFUNKヴァイナル・レーベル第3、4弾リリース予定など精力的に活動中。


■D.J. Fulltono (Booty Tune)
DJ/トラックメイカー。1996年京都にてDJ開始。その当時はミニマルテクノを主体としていたが、その中でもシカゴハウス・ゲットーハウスに惹かれ、2000年を境にシカゴ・ジューク、デトロイトのゲットーテック・エレクトロを主としたスタイルにシフトする。
2008年にレーベル〈Booty Tune〉を開始。国内初のジューク/フットワークのレーベルとして、国内外のアーティストをリリース。ベースミュージックの祭典〈Outlook Festival Japan Launch Party〉にBooty Tune Crewとしてサウンドクラッシュに参戦しレーベルを全国へアピール。DJ活動と並行し、タワーレコードの音楽情報サイト〈Mikiki〉への連載や、CDライナーノーツへの執筆。Planet MuやHyperdubの日本版オフィシャル・プロモ・ミックスCDを手がけるなど、日本ではマイナージャンルであったジューク・フットワークを普及するための活動を行う。2014年に自身のレーベルから発表したミニマルを前面に押し出したジュークEP 『My Mind Beats Vol.01』がUSの〈Orange Milk〉にライセンスされ、USの音楽メディア『Rolling Stone』誌の “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出された。
2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。同年のUSツアーでは、ロサンゼルスの老舗パーティー〈Low End Theory〉に出演他、長年の目標であったシカゴでのDJを果たす。現在のプレイスタイルは、ジューク・フットワークを、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している。

■Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing for 6th vinyl release including Gunne, Zuckermann's remixes, it will be out in spring.
Until now, he did the Germany tour 9 times and Austria tour in this year, played at many clubs, Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox, Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) etc...

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。
2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグマンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、本年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。
本年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。